伝統と革新

Lunarossa Y’ppi(ルナロッサ ヨッピー)

「日常生活を最高品質のY’ppi(ヨッピー)とともに」いつも使いたくなる使用感、気品あふれる作品を国内ハンドメードでお届けします。をモットーにエイ革の持つ美しい表情を最大限に生かし、すっきりとした見たながら収納量と使用感の良さは、丹精を込めた総手作りの工程が生み出しています。

《エイ革に特化した製法とヨッピー独自の手法》

1、「他にはない縫製技術 “ヨッピーステッチ” 」
エイの革は縫製が非常に難しく工業用のミシン針が折れるぐらい鱗が硬いので、ミシン縫いの場合は針を折りながら鱗を避けジグザグに縫製するか(写真2)、エイ革に切れ目を入れ(写真1下のように)縫うか、玉縫い(写真2)でミシンの粗が目立たないように革を巻いて縫われることが多いです。
ルナロッサ・ヨッピーでは※1の理由により全てを手縫製にこだわっております。しかし、一般的な(牛革等を扱う)職人がエイ革を縫製すると鱗が不均一に並んでいるため牛革のように目打ち(写真3)等でただまっすぐに穴をあけてしまうと色々な方向に鱗が割れてしまう為、縫いがガタガタになってしまいます。ヨッピーではその割れる方向を読み極力線がまっすぐになるように鱗を少しずつ割ってゆきます。そして手縫いの特徴である緩急をつけて縫う方法と糸のよりを調整しながら縫う方法で一針一針できるだけまっすぐなるように縫ってゆくのが「ヨッピーステッチ」(写真1上)です。

また、エイ革に切れ目(写真1下)を入れると、鱗の角が立ってしまい洋服などにテンションがかかってしまうこと、その部分の鱗が剥がれてしまう可能性が高いことなどがあります。ヨッピーが生み出した「ヨッピーステッチ」(写真1上)では鱗ごと縫製するのでその心配が少なく、ステッチ独特の凹凸と糸の光沢によりエイ革作品にマッチするよう淡路谷 佳幸により生み出されました。

写真1 ヨッピーステッチ(上) 手縫い、ミシンなど切れ目を入れたときの縫い(下)

 

写真2 ミシン縫いの参考写真

 

写真3 菱目打ち工具

 

※1「ミシン縫製と手縫いの違い」
ミシン縫製は下糸を上糸がすくい上げて縫い上げる為、一端が擦り切れると連続してほつける可能性があります。しかし、手縫い(ひらぬい)の場合は両端に針をつけ交互に交差して縫います(なみ縫いを両方からしている感じ)。ですので一端が擦り切れても連続してほつけないという利点があります。なので馬具や靴などの擦り切れる可能性がある部分には今だに手縫いが使われます。手間やコスト、技術が要る手縫いですがアジがあるだけでなく、実は物理的に強い縫い方なんです。

 

余談ですが、「ヨッピーステッチ」は鱗の硬さゆえ難しく、穴をあけていても一針一針縫い上げていくには非常に力が必要です。

写真4、淡路谷 佳幸の腕

 

2、「特殊研磨技法と丹念なコバ処理」

エイ革の裁断面はセラミックを割ったような状態(鱗の硬さはヒトの歯や骨と同じくらいの硬さがあります)になっており、そのままにしておくと危険ですのでコバ処理を行います。一般的に玉縫い(写真2)を用い裁断面を隠すこともありますが、巻く革がエイ革より弱い場合いずれ擦り切れて裁断面が出てきてしまいます。またそのまま裁断面を研磨する場合もエイ革の柔らかさによってはとても難しいものとなります。

ヨッピーで用いるエイの革はとても柔らかく、しなやかです。しかし裁断面は革がしなやかになればなるほど鱗のクッションとなってしまい、ただ平面的に研磨をしても平滑にはなりません。ヨッピーでは研磨時裁断面から数mmの間に硬化剤を入れ柔らかい皮が硬い鱗と固く固まり一体となった状態を作り出します。そして丹念に研磨を繰り返し、調合したコバ液で色付け、光沢出しを行います(特殊研磨技法1)(写真5)。

写真5

 

特殊研磨技法2

ヨッピーではエイ革の研磨技法を作品や箇所によって変えています。例えばコバに用いた特殊研磨技法1ではエイ革の裁断面をいかに平滑に仕上げるかを追求したものでした。しかしエイ革の表面の研磨方法はまたコバのものとは違います。写真6のように粒一つ一つを平らに研磨したものは、角度が変わるとキラキラと乱反射が綺麗なものになります。一方、面の角が立っているので洋服や肌にテンションがかかりやすくなります。なのでテンションがかかってはいけない部分には写真7のように粒一つ一つに丸みを帯びた研磨を施します。手作業で一つずつチェックしながら手磨きしてゆくので仕上がりは極上です。

写真6

写真7